初めての相席屋にいった話

ちょうど先月のことです。

私は初めて渋谷の相席屋に足を運びました。

そもそも、相席屋とは何かも知らずに友達に連れていかれたのですが、中身は街コンに近い感覚でした。

まず、お店に着いたら相席屋の説明を店員さんから聞かされます。

10分程度説明をうけたあとにやっと店内に入ることができます。

そのまま、女性のいる席が空いていればそこに通されるのですが、女性が全くいないときは入り口付近の椅子で待たされます。

その日はちょうど女の子のいる席が空いているということだったので、入店後すぐさまテーブルに通されました。

そこにいたのは私たちよりも年上の女性3人組。

正直、座った瞬間はかなり気まずいものがあります。

が、そこで黙っていてもなにも起きないのでこちらから話を振ることに。

ちなみに、相席屋の料金システムは男性が30分1500円。女性は何時間いても0円。

正直、自分好みの女性に当たらないと、1500円払って気を使うだけになります。

しかも、30分経っても店員さんは時間を知らせてくれないので、自分で時間を計らなくてはいけません。

まあ、その分合コンのセッティングをしてもらってるわけで、しかも料理、飲み物、お菓子が全て食べ飲み放題なので、文句はいえませんでした。

結局その日は30分ででることになりましたが、また行きたいと思ってしまうのは彼女がいないからでしょう。

正直、独り身の寂しさを埋めるにはちょうどいいお店でした。効果が高いのは、クリニックの方です

ポケモンGOによる良い点

連日、ポケモンGOの話題が飛んでいます。残念なことに報道される事は「立ち入り禁止区域に入った」、「歩きスマホによる事故」などのマイナスな事ばかり。私はポケモンGOをやりませんが、何かしら良い効果はあるのではないかとプラス要因を考えてみました。まず、ポケモンGOはスマホでできるゲームなのですが、今までにゲームに夢中になる人と言えば、家にこもりがちのイメージがあったと思います。そこで、夢中になった人達を外出させている効果は凄いと思います。正に画期的なものといえます。外でどんなイベント、お祭りなどがあってもゲームオタクのような人は外出しません。どんなに暑くても寒くてもエアコンをガンガン効かせれば、外出したりしません。友達が誘おうと親に怒らても家にこもっています。そんな人達が自ずと外へ出るのですから、こんなに画期的なものはないと思うのです。そして、多くの人が外出します。普段、行かないような場所、例えば公園などにモンスターを捕まえに行きます。夢中になって次々と捕まえに行きますから、一日中、外へ出ています。すると出先で飲食をします。今までにない消費がある訳です。消費を上げる点について、今までの政府の政策よりもポケモンGOの方が効果があるのではないかという勢いがあります。これまた、画期的です。しかし、ゲームですから。そのうち、ブームが終わることでしょう。事故などが起きない事を願っています。エステサロンよりも医療機関の方が効果が高いです

蒸し器をついに買いました

今まで深鍋とステンレスのザルで代用してましたが、ついに蒸し器を買ってしまいました。
鍋の方はともかく、ステンレスのザルが使ってる間に色々詰まって、それを取るために洗ってたら凸凹になってきちゃったので。
ザルとして使えないこともないので使ってますが、これ以上悪化させるのも、ということでそれ専用の蒸し器を購入。
せっかく買ったので、この機会に色々と蒸し料理のレパートリーを増やしたい所。

鶏肉とか豚バラとか、脂の多く出る部分は蒸し料理にすれば、ヘルシーかつ適度に脂も残って美味しく食べられるので、結構気に入ってます。
まあそのせいでザルが酷使されて変形しちゃったんですが。

でも、蒸し料理っていつも食材を蒸して、蒸し終わったら別に作っておいたドレッシングやソースを掛けて食べるって形なんですけど、味をつけて蒸す料理はどう作るべきなんですかね。
醤油とかで味付けてたら、下の蒸すための水に全部落ちちゃうと思うんですが。
やっぱり味をつけて蒸すタイプの料理は、蒸し器じゃなくてホイル焼きとか、そういう何かに包んで蒸す感じじゃないとダメなんでしょうか?